当サイトについて

健康促進からダイエット効果をはじめ、アンチエイジングも期待できると話題になっている「ホットヨガ」

芸能人やモデルもスタイルを維持するボディメンテナンスに取り入れているように、ホットヨガを行う女性は増えています。

ホットヨガは、身体を温めながら行うことで柔軟性がアップし怪我等をすることが少なくなるので、運動不足の方や運動が苦手といった人でも気軽に始めることができます。

また、ホットヨガスタジオでは、いろいろなホットヨガのレッスンが行われていて、初心者向けのベーシックなものをはじめ、部分痩せといったダイエットを目的としたヨガやリラクゼーションを目的としたヨガなど 、様々な目的に合わせたメニューがあります。

私はとあるスタジオでヨガインストラクターをしています。このサイトは、これからホットヨガを始めたいという人やホットヨガスタジオに通おうか考えているといった方の参考になればと思い作成しました。是非参考にしてくださいね。

ホットヨガとは

”ホットヨガ”とは、室温39度~40前後、湿度55%~60%前後に保たれた室内で行うヨガのことをさします。

この室温といのが人間の体を一番柔軟にするとされている温度で、さらに多湿な環境を作ることで発汗を促してくれます。

ヨガのゆっくりとした動きやポーズをおこない、自然に筋肉を伸ばしたり、インナーマッスルを鍛えることを目的としています。

一般のヨガとの違いというのは。高温多湿の環境で行うことで、早い段階から筋肉を柔軟にすることができるため、より効率的に無理なく筋肉を伸ばすことができるという点です。

運動をして汗をかくことは気持ちがよいものです。普段汗をかくことがあまりない人は、健康のためにホットヨガで発刊してみませんか。

ホットヨガとヨガの違い

ホットヨガは身体が温まり効果的に汗をかくことによって、リラクゼーション効果を発揮してくれるのが大きな特徴です。

また、身体が温まることで神経を休めることができるため、体内に溜まっていた老廃物と一緒にストレスを放出することができます。

体に不要とされるものが体外に放出されるため、心身ともにすっきりとリセットできるので、精神の安定にも繋がるわけです。

一方ヨガは、主に、「呼吸」、「ポーズ」、「瞑想」から成り立ちます。

瞑想がもたらしてくれるリラクゼーション効果というのが、外の世界から自分の中に入り込む情報を遮断して意識を身体の内側に向けることで得ることができます。

ヨガは、継続することによって、自分の身体の変化等に敏感になることができるため、セルフメンテナンス向きといえます。

ホットヨガとヨガは、ポージングの違いはあまりありませんが、このようにその効果にはかなりの違いがあります。

ホットヨガの効果

いろいろなポーズを連続して行うことで、汗をかきリフレッシュできるホットヨガですが、医学的に見ても体に良いことが検証されています。

激しく動く有酸素運動とは違い、ホットヨガは深く呼吸をしながら時間をかけてゆっくり体を動かすので女性でも無理なく続けることができます。

毛細血管の中を活性化し血液の流れをよくし、栄養や酸素が体の細胞のすみずみまで効率的に運ばれるようになるため、全身の肌が美しくなります。

とくに年齢を重ね身体の機能が落ちてくる世代にとってはホットヨガは最適です。痩身や美容など見た目だけでなくアンチエイジング上の観点からも役に立ちます。

更年期特有のホルモンバランスの変化やみだれなどによる不快感の緩和にも大きな影響をもたらしてくれます。

冷え性やむくみ改善にも効果的で、一連の流れの中で内臓機能も整えることが見込めますし、その効果として便秘改善などにも良いといわれています。

ホットヨガの消費カロリー

健康やリラクゼーション効果、また、デトックス効果が期待できるということでも人気のホットヨガですが、ダイエット目的で始める女性が断然多いです。

ちなみにホットヨガを1時間行った場合、消費するカロリーは幾つなんでしょうか。上記でも説明しましたが、ホットヨガは基本、高温多湿の部屋で体を動かします。

そのため、一般のヨガと比較しても筋肉がほぐれて、汗をかきやすくなりますので、個人差もありますが、消費化ローリーは、約300キロカロリー程あります。

動き的にはゆったりとしていますが、ヨガのポーズにはきついものもありますし、他の運動と比べてもカロリー消費量は意外とあるのです。

例えば、健康のために行っている人が多いウォーキングですが、1時間行っても消費カロリーは約130キロカローリーといいます。

ジョギングの消費カロリーが、約600キロカロリーですので、ホットヨガはジョギング30分に相当するわけです。

なお、ホットヨガは続けることで基礎代謝が上がるため、太りにくい体を作ることができます。基礎代謝が上がることで、カロリー消費量も上がります。

ホットヨガを体験するなら

ホットヨガを始めてみたいけどどうすればいいの?、という方は、まずは、ホットヨガの体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

ホットヨガLAVAやホットヨガのカルドをはじめ、基本的にホットヨガスタジオや教室では、トライアルができる体験コースやお試しコースを用意しています。

体験レッスンの内容は、運動不足の人や体力にあまり自身がない人、体が硬い人でも無理なく行えるプログラムとなっています。

ヨガインストラクターが、燃焼効果を高める呼吸法の基礎をはじめとする、初心者向けのプログラムを丁寧に指導してくれますので安心して体験することができます。

身体の柔軟性を高め、発汗、老廃物の排出を促す温度、湿度設定でヨガを体験することで、ホットヨガの素晴らしさを実感できると思います。

ホットヨガは続けることで、シェイプアップ、肩こり改善、便秘解消、肌荒れ改善、ストレス解消など様々な効果が期待できます。興味や関心がある人は、まずは体験レッスンでホットヨガの良さをお試しください。

ホットヨガと食事について

ホットヨガというのは、大量の汗をかき、続けていくことで基礎代謝がよくなっていくためダイエット効果も期待できるといわれています。

しかし、これには食事も大きく関係しています。ホットヨガですが、はじめる3時間以内の食事は、基本的に摂らないほうがよいとされています。

なぜなら、ヨガというのは空腹で行うことがよいからです。そのため、ホットヨガスタジオや教室に通う日には自然と間食などを摂らなくなっていきます。

さらに、ヨガを行った後というのは体の栄養の吸収率が凄くあがるため、普段と同じように食事をしていると太る可能性があります。

これも同じ理由となりますが、特にダイエット目的の人なら、せっかくホットヨガで汗をかき脂肪を燃焼させたのにここで食べたら台無しになるといつもよりも食事の量が減ります。

つまり、ホットヨガスタジに通いヨガを行う日というのは自然と食事の量が少なくなるため、トータールのカロリー摂取量が減るのです。

まとめますと、ヨガをする日は運動量が増えて消費カロリーは増えますが、食事量が減ることで摂取カロリーが減るためダイエットできて当然なわけです。

痩せることを目的にホットヨガをしているのに、中々痩せない人は食事面をみなおしてみてください。ホットヨガで脂肪を燃焼しているにも関わらず、それ以上に吸収してしまったら体重が減るはずがありませんからね。

全国展開している人気のホットヨガスタジオ一覧

スタジオ名 住所(本店) 電話番号
ホットヨガスタジオLAVA 東京都中央区銀座3-3-1ZOE銀座4F 0570-004-515
ホットヨガのカルド【CALDO】 東京都渋谷区宇田川町34-5サイトービルⅢ7F 03-6416-5145
ビクラムヨガ 東京都中央区銀座3-10-6 マルイト銀座第3ビル11F 03-3543-6211
ヨガプラス 東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22 サンタワーズセンタービルC棟2F 03-5779-1135
ホットヨガスタジオ loIve(ロイブ) 東京都世田谷区奥沢5-25-7 アポラン自由が丘3、4階 0570-666-969
ホットヨガスタジオ美温。 東京都渋谷区神宮前1-14-34 原宿神宮の森ビル4F 03-6804-2231
ホットヨガ スタジオ オー 東京都中央区銀座2-6-7 明治屋銀座ビル4F 03-3567-0721
ホットヨガスタジオ ユニオン 富山県富山市太田30-3 0120-399-342
ホットヨガスタジオ ビープラス 大阪府大阪市北区太融寺町8-8日進ビル2階 06-6316-1104
ホットヨガスタジオLala Aasha(ララアーシャ) 東京都品川区戸越3-1-2 戸越イマールビルB1 03-6451-3463

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする