ホットヨガLAVA自由が丘学園通り店 体験談

LAVAの無料体験に行きました。ホットヨガに行ってみようと思ったきっかけは、30歳になり、身体のむくみや冷えなどの不調が出てきたこと、また、会社員生活で運動不足が気になってきたからです。場所は自宅から近い、自由が丘学園通り店を選びました。

東急東横線・大井町線自由が丘駅正面口から徒歩4分ほどの距離にあります。LAVA自由が丘学園通り店は商業ビルの地下にありますが、地上に大きな看板があるのですぐに分かります。

私が体験レッスンに行った12月29日は今年の最終営業日だったこともあり、お客さんが多く、スタジオは非常に賑わっていました。さすがおしゃれな街・自由が丘だけあります。お客さんは皆、洗練された綺麗な女性ばかりでした。

少々気後れしながら待合スペースに座っていると、可愛らしいお姉さんに話しかけられました。それが、レッスン講師の「一ノ瀬蛍那先生」でした。一ノ瀬先生はニコニコした可愛らしい、20代半ばの女性です。

体験レッスンを受ける前に

体験レッスン前には、LAVAのシステム、料金、設備、この日のプログラムの説明を一通り受けます。その後に、いくつかの物を手渡されました。

手渡されたものは、以下の通りです。

・キャミソール
・ヨガパンツ
・フェイスタオル
・バスタオル
・ミネラルウォーター1L
・水素水1L

キャミソールとヨガパンツはいくつかサイズがあるので、合わなければかえてもらうことができます。お水は合計2Lいただけました。

もらったときは水が多すぎるのではないかと思ったのですが、ヨガルームは蒸し暑く、かつヨガでかなり汗をかくため、2Lくらいがちょうどよいと後で分かりました。

更衣室は広く、ロッカースペース、トイレ、シャワールーム、パウダールームがありました。ロッカーは個数は十分にありますが、一つ一つは大きくないので、買い物帰りにショップバッグを持ってくるのは難しいと感じました。

トイレは清掃が行き届いており、とても綺麗です。個室は3つあり、並ぶことはありません。シャワールームは10か所ありますが、シャンプーやボディーソープ等の備品はなく、ただ汗を流すのみです。頭や体を洗いたい人は、家から持参する必要があります。

また、常連さんが多いのか、講師、スタッフ、参加者同士の仲が良く、あちらこちらで談笑している人たちがいて、雰囲気がとても良かったです。

アロマリラックスヨガ

私がこの日受けたのは、【アロマ】リラックスヨガです。

予約の段階で「パワーヨガ」「骨盤ヨガ」など、さまざまなプログラムを選べたのですが、体験レッスン日の12月29日は会社の仕事納めの翌日のために疲労困憊で、激しい動きができなかったので、安らげそうなアロマリラックスヨガを選びました。

ヨガルームに入ると、アロマのいい匂いを感じました。他の参加者さんたちは瞑想をしたり、ストレッチをしたりして過ごしていました。私の席は、講師席の正面に既に確保してありました。これならポーズが分からなくても安心です。

この日のレッスンの参加者は20~25名でした。アロマリラックスヨガはあまり激しくないヨガなので、ご年配の方も多くいらっしゃいました。最初は、瞑想や、軽いストレッチの動きから入りますが、あまり動いていないにも関わらず汗が吹き出します。

一ノ瀬先生の指示に従い、頻繁に水分を摂取します。具体的なポーズの指示はあるのですが、姿勢が悪かったり、分からずに私がもたついていると、一ノ瀬先生はそっとそばに来て教えてくださるので、とても安心しながら体験レッスンを受けることができました。

ヨガルームは暑いのですが、適度な暑さで、かつこまめに水分を摂取するので、のぼせたり、気分が悪くなることはありません。レッスンは一時間で終了しました。

レッスンを受けてみての感想

2Lあった水が、すべて空になっていました。しかし汗で出しているので、お腹が水で膨れているという感覚はありません。ヨガウェアは汗でびっしょりでした。ただ、以前から気になっていた、身体のむくみや冷えが解消されました。

また、肩こりも改善されていることに気がつきました。シャワーを浴び仕度をして、最後に一ノ瀬先生にご挨拶をして、LAVA学園通り店を後にしました。帰って体重を計ってみると、レッスン前より体重が500g減っていました。

2L、つまり2kgの水分を摂取したにも関わらずです。ホットヨガスタジオLAVA自由が丘学園通り店ですが、私はお勧めします。駅からのアクセスが良く、店内は広くて清潔で、講師、スタッフ、参加者同士の仲が良く、雰囲気がとても良いです。

また、参加者に綺麗な人が多いので、参加者から刺激を受けることができます。迷っているなら、まずは私のように体験レッスンを受けてみることをお勧めします。

(会社員 女性 30歳)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする