当サイトについて

健康促進からダイエット効果をはじめ、アンチエイジングも期待できるということで、幅広い年齢層の間で話題になっている「ホットヨガ」

芸能人やモデルをはじめ、セレブなどもスタイルを維持するボディメンテナンスに取り入れているように、ホットヨガを行う女性は増えています。

ホットヨガは、身体を温めながら行うことで柔軟性がアップし怪我等をすることが少なくなるので、運動不足の方や運動が苦手といった人でも気軽に始めることができます。

また、ホットヨガスタジオでは、いろいろなホットヨガのレッスンが行われていて、初心者向けのベーシックなものをはじめ、部分痩せといったダイエットを目的としたヨガやリラクゼーションを目的としたヨガなど 、様々な目的に合わせたメニューがあります。

私はとあるスタジオでヨガインストラクターをしています。このサイトは、これからホットヨガを始めたいという人やホットヨガスタジオに通おうか考えているといった方の参考になればと思い作成しました。是非参考にしてくださいね。

ホットヨガとは

”ホットヨガ”とは、室温39度~40前後、湿度55%~60%前後に保たれた高温多湿の室内で行うヨガのことをさします。

この40度前後の室温というのが人間の体を一番柔軟にするとされている温度とされていて、さらに湿度60%前後という多湿な環境を作ることで発汗を促してくれます。

ホットヨガは基本的に、ヨガのゆっくりとした動きやポーズをおこない、自然に筋肉を伸ばしたり、インナーマッスルを鍛えることを目的としています。

一般のヨガとの違いというのが高温多湿の環境で行うことですが、早い段階から筋肉を柔軟にすることができるため、メリットはより効率的に無理なく筋肉を伸ばすことができるという点です。運動をして汗をかくことは気持ちがよいものです。

普段汗をかくことがあまりない人は、健康のためにホットヨガで発汗してみませんか。日ごろの生活の中の疲れを癒し、ストレス解消にも一役かってくれますよ。

ホットヨガとヨガの違い

ホットヨガは身体が温まり効果的に汗をかくことによって、リラクゼーション効果を発揮してくれるのも大きな特徴のひとつになります。

また、身体が温まることで神経を休めることができるため、体内に溜まっていた老廃物と一緒にストレスを放出することができます。体に不要とされるものが体外に放出されるため、心身ともにすっきりとリセットできるので、精神の安定にも繋がるわけです。

一方ヨガは、主に、「呼吸」、「ポーズ」、「瞑想」から成り立ちます。

瞑想がもたらしてくれるリラクゼーション効果というのが、外の世界から自分の中に入り込む情報を遮断して意識を身体の内側に向けることで得ることができます。

ヨガは継続していくことによって、自分の身体の変調や変化等に敏感になることができるため、まさにセルフメンテナンス向きといえます。

ホットヨガとヨガは、ポージングの違いはあまりありませんが、上記で説明したように、ホットヨガとヨガがもたらす効果についてはかなりの違いがあります。

ホットヨガの効果

いろいろなポーズを連続して行うことで、汗をかきリフレッシュできるホットヨガですが、医学的に見ても体に良いことが検証されています。

激しく動く有酸素運動とは違い、ホットヨガは深く呼吸をしながら時間をかけてゆっくり体を動かすので女性でも無理なく続けることができます。

毛細血管の中を活性化し血液の流れをよくし、栄養や酸素が体の細胞のすみずみまで効率的に運ばれるようになるため、全身の肌が美しくなります。

とくに年齢を重ね身体の機能が落ちてくる世代にとってはホットヨガは最適です。痩身や美容など見た目だけでなく、アンチエイジング上の観点からも役に立ちます。

また、更年期特有のホルモンバランスの変化やみだれなどによる不快感の緩和にも大きな影響をもたらしてくれます。冷え性やむくみ改善にも効果的で、一連の流れの中で内臓機能も整えることが見込めますし、その効果として便秘改善などにも良いといわれています。

ホットヨガの消費カロリー

健康やリラクゼーション効果、また、デトックス効果が期待できるということでも人気のホットヨガですが、ダイエット目的で始める女性が断然多いです。

ちなみにホットヨガを1時間行った場合、消費するカロリーは幾つなんでしょうか。上記でも説明しましたが、ホットヨガは基本、高温多湿の部屋で体を動かします。

そのため、一般のヨガと比較しても筋肉がほぐれて、汗をかきやすくなりますので、個人差もありますが、消費化ローリーは、約300キロカロリー程あります。動き的にはゆったりとしていますが、ヨガのポーズにはきついものや激しく動くものもあります。

他の運動と比べてもカロリー消費量は意外とあるのです。健康のために行っている人が多いウォーキングですが、1時間行っても消費カロリーは約130キロカロリーといいます。

ジョギングの消費カロリーが、約600キロカロリーですので、ホットヨガはジョギング30分に相当するわけです。なお、ホットヨガは続けることで基礎代謝が上がるため、太りにくい体を作ることができます。基礎代謝が上がることでカロリー消費量も上がります。

ホットヨガを体験するなら

ホットヨガを始めてみたいけどどうすればいいの?、という方は、まずは、ホットヨガスタジオや教室で、体験レッスンを受講してみてはいかがでしょうか。

ホットヨガLAVAやホットヨガのカルドをはじめ、基本的にホットヨガスタジオや教室では、トライアルができる体験コースやお試しコースを用意しています。

体験レッスンやお試しレッスンの内容は、運動不足の人や体力にあまり自身がない人、体が硬い人でも無理なく行えるプログラムとなっています。

ヨガインストラクターが、燃焼効果を高める呼吸法の基礎をはじめとする、初心者向けのプログラムを丁寧に指導してくれますので安心して体験することができます。

身体の柔軟性を高め、発汗、老廃物の排出を促す温度、湿度設定でヨガを体験することで、ホットヨガの素晴らしさを実感できると思います。

ホットヨガは続けることで、シェイプアップ、肩こり改善、便秘解消、肌荒れ改善、ストレス解消など様々な効果が期待できます。興味や関心がある人は、まずは体験レッスンでホットヨガの良さや楽しさを是非お試ししてみてはいかがでしょうか。

ホットヨガと食事について

ホットヨガというのは、大量の汗をかき、継続していくことで基礎代謝がよくなっていくためダイエット効果も期待できるといわれています。

しかし、このダイエット効果には食事も大きく関係しているのです。ホットヨガを行う際ですが、はじめる3時間以内の食事は、基本的に摂らないほうがよいとされています。何故なら、ヨガというのは空腹で行うことがよいからです。

そのため、ホットヨガスタジオや教室のレッスンに通う日には自然と間食などを摂らなくなっていきます。さらに、ヨガを行った後というのは体の栄養の吸収率が格段にあがるため、普段と同じように食事をしていると太る可能性があります。

これも同じ理由となりますが、特にダイエット目的の人なら、せっかくホットヨガで汗をかき脂肪を燃焼させたのにここで食べたら台無しになるといつもよりも食事の量が減ります。

つまり、ホットヨガスタジに通いヨガレッスンを行う日というのは自然と食事の量が少なくなるため、トータールのカロリー摂取量が減っているのです。

まとめますと、ヨガをする日は運動量が増えて消費カロリーは増えますが、食事量が減ることで摂取カロリーが減るためダイエットできて当然なわけなのです。

痩せることを目的にホットヨガをしているのに、中々痩せないという人は食事面をみなおしてみてください。ホットヨガでせっかく脂肪を燃焼しているにも関わらず、それ以上に栄養を吸収してしまったら体重が減るはずがありませんからね。

ホットヨガを始める前に

ホットヨガを始めてみたいけど、体は固いし、難しいポーズはできそうもないし…。このような理由で諦めている方もいるのではないでしょうか。

ヨガは体の柔軟さや、いろいろなポーズを上手にできるのかどうかを競うものではなく、呼吸法やポーズ作ることを通して、今の自分を見つめ認めながらゆっくり変化を楽しんでいくものですので、初めからできないと諦める必要は全くないです。

ホットヨガは継続していくことで、さまざまな体の不調が整っていくことが多いです。代表的なものでは、肩こりや腰痛が改善されたり、汗をかくことで老廃物を排出したり、代謝が良くなることで、ホルモンのバランスも整える効果も期待できます。

そして、これらの悩みを解消することで、心身ともに爽快になっていきます。ホットヨガに少しでも興味があるなら、まずはトライしていきましょう!

なお、ホットヨガを始める前には、いくつか注意しなければいけないことがあります。まず、ヨガを行う場合、食後3時間は控えるようにしてください。何故なら、ヨガのポーズというのが内臓のマッサージ効果が高いものが多いためです。

そのため、内臓に負担をかけたり、気持ち悪くなってしまうこともあるからです。ですので、ヨガは食べる前に行うのがいちばん適しているといえます。

また、レッスン中にも水分補給を行いますが、始める30分前と練習後にも補給するようにしてください。そして、生理の経血の多い最初の3日間やアルコールを飲んだ時、当然になりますが、具合が悪い時はヨガレッスンは控えるようにしてください。

ホットヨガで悩み解消

ホットヨガを定期的に行っていくことで、ダイエットはもちろんのこと、美肌、冷え症改善、むくみ緩和、アンチエイジング、骨盤調整などの効果も期待できます。

無理せずダイエット

ホットヨガを行うことでデトックス効果が期待でき、無理をすることなく体内の余分な水分や老廃物を排出することができます。さらに、ヨガポーズは体幹とインナーマッスルを鍛えていきながら身体のゆがみを整えてくれます。

自然と代謝が上がるため、太りにくいしなやかな体作りを目指すことができます。

辛~い冷え性を改善

女性の方に冷え性の方が特に多いのは、男性と比較して熱量を作り出すといわれる筋肉量が少ないこと。そして、体の表面自体が低温のことも原因となっています。

ホットヨガで血流を促し代謝を促進させることで、冷えにくい体を目指すことができます。

むくみをスッキリ解消

むくみの原因は、デスクワークや立ち仕事などにより長時間同じ姿勢や格好をしていること。さらに運動不足や冷えなどによるものです。

ホットヨガを続けることで、リンパの流れや血流が促進されて自然とむくみが解消し、さらに、むくみにくい体質を目指すことができます。

重い肩こりを解消

肩こりは、むくみと同様に、長時間の同じ姿勢をとっていることや運動不足、そして、疲れ目などからよって肩の周りの血流が悪くなっていることが原因とされています。

ホットヨガのポーズを作りながら肩周りをしっかりと動かし、血流を促進させ血行が良くなることで、肩こり緩和が期待できます。続けることで自然と姿勢も良くなっていき、肩こりしにくい体質を目指すことができます。

便秘解消でお腹すっきり

便秘の原因は、姿勢の悪さをはじめ、ストレスや水分不足などなどさまざまです。ホットヨガは精神が安定しリラックス効果が絶大ですので、ストレス解消にはもってこいです。

ヨガのポーズをとることで、お腹のハリも和らぎ、便通も良くなります。定期的にホットヨガを行うことで、便秘知らずのカラダを作りを目指すことができます。

ホットヨガの服装

体の血流とリンパの流れを促進し、たっぷりと汗をかいて毒素や老廃物を流すことで、高いデトックス効果が期待できるホットヨガ。大量に汗をかくため、特に始めての方や初心者の方はどのような服装を準備すればいいのか悩まれると思います。

ホットヨガスタジオの広告やテレビCMやなどで見たこともあるかと思いますが、タンクトップやキャミソールといった軽装の動きやすい格好で行うのが一般的です。

ただ、ホットヨガは、体温よりも高い室温40度前後、湿度も60%前後という高温多湿の環境で行うため、通常のヨガと比べても多くのの汗をかきます。そのため服装については、吸水性はもちろんのこと、通気性や速乾性にこだわった素材を選ぶことをおすすめします。

通気性がよければ汗をかいても風通しがよいのでムレにくくなりますし、速乾性がよければ大量の汗をかいても服が体に張り付いたりすることが少なくなります。ホットヨガに適した素材の服装を選び気持ちよくレッスンを受けたいですからね。

そして、素材のほかに、服装の締め付け具合も注意したいところです。何故なら、締め付けのある服でヨガを行うことで気分が悪くなることが多々あるからです。

さらに、ホットヨガは血の流れやリンパの流れを促して様々な効果をもたらしてくれるわけですが、締め付けがある服だと逆に血流が悪くなり促進されにくくなってしまいます。

また、ポーズをとる際にも締め付けが邪魔して動きが制限され、十分なポーズが取れなくなります。そうなると効果が期待できないどころか、体を痛めてしまう可能性もあります。トップスやボトムス、さらに締め付け具合が強いインナーにも注意してください。

なお、ポーズの中には複雑で激しい動きをするものもあります。そのため、伸縮性のある素材を選ぶことも大切です。ストレッチ素材といった動きやすいものを選ぶようにしましょう。

全国展開している人気のホットヨガスタジオ一覧

スタジオ名 住所(本店) 電話番号
ホットヨガスタジオLAVA 東京都中央区銀座3-3-1ZOE銀座4F 0570-004-515
【RIZAP】ホットヨガLIPTY 東京都豊島区南池袋1-20-9 第一中野ビル5F 03-6744-0432
ホットヨガのカルド【CALDO】 東京都渋谷区宇田川町34-5サイトービルⅢ7F 03-6416-5145
ビクラムヨガ(ホットヨガの元祖) 東京都中央区銀座3-10-6 マルイト銀座第3ビル11F 03-3543-6211
ヨガプラス(YOGA PLUS) 東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22 サンタワーズセンタービルC棟2F 03-5779-1135
ホットヨガスタジオ LOIVE(ロイブ) 東京都世田谷区奥沢5-25-7 アポラン自由が丘3、4階 0570-666-969
ホットヨガスタジオ Lucina(ルキナ) 東京都台東区東上野2-11-4 ジャストプレイスビル7F 03-5816-6120
ヨガスタジオ Olulu(オルル) 東京都大田区山王1-1-7 コスモハイツ山王2F 03-6410-7130
ホットヨガスタジオ美温。 東京都渋谷区神宮前1-14-34 原宿神宮の森ビル4F 03-6804-2231
ホットヨガ スタジオ オー 東京都中央区銀座2-6-7 明治屋銀座ビル4F 03-3567-0721
ホットヨガスタジオ ユニオン 富山県富山市太田30-3 0120-399-342
ホットヨガスタジオ ビープラス 大阪府大阪市北区太融寺町8-8日進ビル2階 06-6316-1104
ホットヨガスタジオLala Aasha(ララアーシャ) 東京都品川区戸越3-1-2 戸越イマールビルB1 03-6451-3463

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする