ホットヨガスタジオLAVA神戸三宮店 体験談

20代後半の女性です。医療事務をしています。基本的に机に座って、パソコンを叩く事務仕事ということもあり、普段から身体がガチガチに固く、肩こりと腰痛が酷いのが悩みでした。

肩こりと腰痛を改善するには運動をすることがいいと考えてはいたのですが、正直、普段まったく運動をしないので、激しい動きをするようなハードなものは体力的に難しいと思いました。そこで、ゆるやかなイメージのヨガに興味を持ちました。

また、運動不足に加えて普段から間食が多く、自分の理想とする体重よりも5キロほど太ってしまっていることも気になっていたので、肩こりと腰痛を解消するほかに、ダイエット効果も期待してホットヨガにチャレンジすることにしました。

リラックスヨガを体験することに

私が体験レッスンに行ったのは「ホットヨガLAVA(ラバ)神戸三宮店」です。

神戸三宮店を選んだ理由は、自宅から近くて行きやすかったことと、体験キャンペーンをしていたことです。体験レッスンはヨガベーシックや美律ホルモンヨガなどいくつかのプログラムから選ぶことができたのですが、中から私はリラックスヨガを選択しました。

リラックスヨガとは、座りポーズ、寝ポーズを多く取り入れたリラックスできるコースで、ゆったりとお腹を動かす呼吸をしながらポーズをとることによって、ストレスにより凝り固まりやすい胸・肩を丁寧にほぐしていくというものです。

ホットヨガLAVAの公式ホームページに「ヨガ初心者の方・体を動かす事が苦手な方でも安心して受けられる内容」だと書いてあったので、安心してチャレンジしやすかったです。

LAVAのホットヨガのレッスンにはいろいろな種類があって、肩こり改善ヨガというプログラムがあるようですが、残念ながら会員専用のコースのようでした。まずは体験キャンペーンを受けてから入会して会員になった上で申し込みが必要なようです。

神戸三宮店へ行ってみての感想

ホットヨガLAVA神戸三宮店は、神戸市中央区三宮町のさんプラザの3Fにあります。三宮の中心にあるため、ショッピングの途中やランチのついでに、また、学生などは学校帰りに気軽に行けますし、とても立ち寄りやすい立地です。

スタジオ自体はホテルの中にあるので、とても高級感があり、非日常的な雰囲気を味わうことができます。スタジオの中は暗めのブラウンで統一されており、バリリゾートのようなイメージでした。ロッカールームやトイレも清掃が行き渡っていましたし清潔感がありました。

ただ私が少し気になったのが、ヨガのレッスンを行うスタジオの床が畳だったことです。見た感じは清潔に掃除されていましたし、畳はフローリングよりも柔らかく足腰に負担がかかりにくいこともあって身体にもいいのかな、とは思いました。

しかし、いろいろな人の汗が染み込んでいるわけですからね。畳にはどうしても抵抗を感じました。受付の方はハキハキとしていて感じが良かったです。体験レッスン終了後、入会金やプランの説明がありましたがしつこく勧誘されるようなことはありませんでした。

体験レッスンのインストラクターの先生も明るく感じがよくて、内容もわかりやすかったです。レッスンはリラックスヨガということもあって、気持ちよく身体が伸びていく感じでした。少し身体がキツイポーズもありましたが、心地よい程度でした。

ホットヨガなので、一般のヨガとは違ってスタジオ内はとても蒸し暑く、激しく身体を動かしたわけでもないのに、ポーズをとるだけで身体中が汗でビショビショになりました。

LAVAの体験レッスンを受けてみて

体験レッスン受けてみての効果のほどはと言うと、当日と翌日あたりは肩こりもマシで、身体が少し軽いような感覚があったのですが、長くは持続しませんでした。やはり、ヨガは一度きりではなくて継続することが大事なのだと思います。

入会するなら、1日2レッスンまで受講可能でLAVA全店で利用できる全店通い放題のマンスリーメンバー・フリーが料金的にはお得かなとは思います。

ただ、私は時間的にも体力的にもそこまでは難しそうなので、登録店舗で月4回まで利用でき全時間帯のレッスン受講可能なマンスリーメンバー・4がいいかな、と考えています。

LAVAの料金プランを詳しく知りたい方は以下の記事を参照してください。

ホットヨガLAVAは、現在330店舗以上を展開し、ほとんどのスタジオが駅から徒歩3分圏内と最高の立地条件にあるためアクセスは抜群です。 ...

今後ですが、週に一度しっかりとインストラクターの先生にレッスンで見ていただき、後の日は自宅で覚えているポーズを数ポーズでもするようにして、肩こりと腰痛を改善していこうと思います。今回体験レッスンで雰囲気やイメージを掴むことが出来てとても良かったです。

(医療事務 女性 20代)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする