ヨガとは?

ヨーガ(yoga)は古代インド発祥の、4,000年前とも5,000年も前から行われているともいわれている宗教をベースにした伝統的な修行法の一つです。

このヨガという呼び名ですが、もともとは「結ぶ」という意味からきていて、牛や馬と車をくびきで結ぶ、というのが語源と言われています。

もちろん実際に牛馬と車を結ぶわけではなく何を結ぶかと言うと、それは「体と心」です。心と体を自分の中で一つに結びつけることにより、「健康で美しく悩みの少ない人生を歩もう」、というのが現代のヨガのテーマといわれています。

かつてのヨガから現代のヨガへ

そもそもヨガは、インドで宗教をベースにした修行法です。心と体を一つにすることで、宇宙の大きな意識(これをブラーフマンと言います)と一体化し、悟りを得て、輪廻転生を断ち切ることを目的としています。

そのためにヨガは、ヨガ独特のポーズを体で作ることによって、体のいろいろな流れなどをよくして、骨格や内臓、筋肉や神経、リンパ、さらに、気の流れなどを感じるようになるための体を使ったポーズ系の修行法。

そして、その健やかになっていく体を使って瞑想をして心の平安を求める(輪廻転生を断ち切る)瞑想系の修行法と、大きく言えばこの2つの修行法で成立しているのです。

この体を使ったホーズ系の修行法と心を使った瞑想系の2つの修行法が研究され、いろいろなカタチにアレンジされて、現代に伝わっています。現代のヨガの種類というと、ホットヨガをはじめ、いろいろな名前がついていてたくさんあるように見えます。

ヨガの種類については以下の記事を参照ください。

現在、ヨガといっても様々な種類がありますが、すべては「ハタヨガ」と「クンダリーニヨガ」のアレンジになります。 以下に、現代ににおける代...

基本は、ポーズ系をベースにしたヨガ(美容や健康の向上を目的にするものが多い)と、瞑想系をベースにしたヨガ(リラックス、ストレスからの開放、心の平安、超能力獲得などを目的とする、スピリチュアル系)のアレンジといえます。

原点となっているヨガの種類

現在のヨガの種類ですが、いろいろありますが、上記でも説明しましたが、基本は、ポーズ重視の健康・美容系と瞑想重視のマインド・スピリチュアル系の2つにわかれ、またこの2つをどう混ぜていくかによって、さらに種類が増えていきます。

そして、いろいろとあるヨガの原点となっているのが、「ハタヨガ」です。ヨガを大きく捉えたベースになるものと考えていいと思います。ヨガの流派の起源といえます。

ヨガの基本は大きく分けると以下の2つがあります。

ハタヨガ

主に、「アーサナ」と呼ばれる、激しい動きではなくゆったりとした静的な体を整えていくポーズと、「プラーナヤーマ」と呼ばれる瞑想系の技法(呼吸法と瞑想を組み合わせ、ストレスからの開放や心の平安を目指す)を組み合わせたものです。ヨガの基本形です。

クンダリーニヨガ

ある意味、ハタヨガと対局をなすヨガと言っていいでしょう。もちろん、アーサナで体を整えることもしますが、静かな呼吸法から「陽乃呼吸法」と呼ばれる激しい呼吸法や瞑想。

またある時はマントラを駆使して、7つあると言われているチャクラ(体や心のエネルギーの出入りするポイント)を開発し、悟りを目指すことを大きな目的としています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする